海外ジェネリックの需要と新薬との関係

ベストケンコーは、海外の医薬品を手軽に購入する事が出来る、個人輸入代行業者です。
この業者では特に、安価なジェネリック医薬品が人気商品となっています。
ただ、個人輸入代行業者では日本未認可の医薬品が多く取り扱われており、この事を問題視する声もある様です。
そもそも日本は、ジェネリック医薬品の普及に関しては後進国だと言えます。
日本において、ジェネリック医薬品に対する一般的な認知度が上昇したのは比較的近年の事なのです。
海外ではジェネリックの普及率はかなり高いのですが、日本では政府が認可しているジェネリック医薬品ですら、安全性を疑う意見が根強く残っているのが現状です。
こうした事から、ベストケンコーで購入出来る様な日本ではまだ認可されていない海外ジェネリックが危険視されるのも致し方ない事なのかも知れません。
では、そもそもジェネリック医薬品と新薬は何が違うのでしょうか。
その主成分や効果は両者ともに殆ど同じです。
最も大きな違いは、やはり価格でしょう。
ジェネリック医薬品は、新薬の半分以下の値段で購入できるものが殆どです。
この様な値段差が出来るのは、医薬品開発にかかるコストが大きく違うためです。
新薬を開発するには莫大な費用がかかり、10年以上の時間も必要とします。
一方で、ジェネリック医薬品は開発費用や時間が大幅に少なく済みます。
この事から、新薬は開発費を回収する為に価格を高くする必要があり、ジェネリックには開発費回収の必要が少ないので価格を安くする事が出来ると言えるのです。
さて、新薬は特許が認められています。
一般的にジェネリックは新薬の特許が切れるまでは、開発したり販売したりする事が出来ません。
また、ジェネリックの発売は、新薬の売り上げを大きく下げてしまう可能性があります。
この事から、ジェネリック医薬品の開発を巡って製薬会社同士で裁判が行われる事も頻繁にある様です。
ただ、この事からわかるのは、価格を除けばジェネリックは新薬と同様に、安全で効果の高い医薬品であるという事ではないでしょうか。
ジェネリックが新薬より劣っている医薬品であるなら、製薬会社同士が裁判で争う必要はありません。
実際に、ベストケンコーで購入する事が出来るジェネリック医薬品は、大手製薬会社が手がけている確かな製品です。
例えばシプラという製薬会社の医薬品も、ベストケンコーで高い人気を持っています。
シプラはインドの大手製薬会社で、ジェネリックの分野では世界有数の実績を持つ企業となっています。
このシプラが開発したスタビアという医薬品は、エイズの進行を抑える効果のあるゼリットのジェネリック版で、ベストケンコーでも購入が可能です。
スタビアは、アフリカなどの貧困国でエイズに苦しむ方達に喜ばれています。
安価である事から、多くの人命を救う事が出来ていると言えるでしょう。
確かに、日本で認可されていないジェネリックを買えてしまう事は、製薬会社の売り上げに影響を与えるかも知れません。
しかし、安全で安価な医薬品の発売を心待ちにしている方もおり、そうした方達に海外のジェネリック医薬品が喜ばれている事も確かなのです。