医薬品の個人輸入代行の留意点

日本では薬局で海外の医薬品を購入することはできません。
労働厚生省が認可されている医薬品しか販売できない法律になっているからです。
しかし、日本の医薬品の認可するスピードは非常に手間がかかっており時間がかかります。
海外ではごく一般的に利用されている医薬品でも日本では利用できないケースも決して少ないのです。

besken139

海外ではサプリメントとして販売されているものでも、日本では医薬品として扱われていることもあるのです。

もしも、その日本では認可されてないけど海外で製造販売されている医薬品を利用したいと思うのならば、自分自身で現地に行って購入するか、もしくは医薬品の個人輸入代行を利用するかのどちからとなります。
一般的にはわざわざ医薬品を購入するために海外に行くのはお金がかかりすぎるため、医薬品の個人輸入代行を利用することが多いです。

特に近年ではインターネットによる輸入代行が増えているため、医薬品の個人輸入代行も急増している状況にあります。

ただし、気をつけなくてはいけないのは代行と言っても個人による売買となるため、自己責任の元で使用することになるのです。
ただし、個人輸入代行で何でも医薬品を輸入できるかと言えば、それは間違いです。

重大な健康被害の起きる可能性のある医薬品は医師の処方箋が必要とされています。
また一度で購入できる個数も限定されています。
というのも、医薬品の個人輸入はあくまで購入した個人が利用するためだけに輸入が認められているのです。
日本国内で認可されていない医薬品を医師の処方もなしに譲渡・販売することは禁じられているからです。
そのため、個人の使用だと認められない医薬品の輸入では、通関で差し押さえられるのです。
たとえば、男性にしか効果を及ぼすことのない医薬品を女性の名義で購入することはできないケースがあります。
バイアグラなどの勃起不全を治療するためのED治療薬は、そもそも男性器を持っていない女性が服用しても本来の効果を得ることは絶対にありえません。
それなのに、個人輸入代行でED治療薬を輸入するとき宛先が女性の名前になっていたら、通関で怪しまれることもあります。
個人輸入で個数が制限されているのも、あくまで個人が消費できるだけ輸入が認めているからです。

もちろん、逆に生理医薬品や避妊薬といった女性しか利用できない医薬品を男性の名義で個人輸入することは出来ないことは当然のことです。
個人で消費できない量を輸入すると言うことは、国内で転売・譲渡する可能性が疑われるため、通関で輸入がストップされることがあります。

あくまで医薬品の個人輸入代行は、購入者本人のみの使用しか許されていません。
もしも、海外の医薬品を利用したくて個人輸入代行を利用するときは、その点をきちんと留意した上で行われることが大切です。
そうすることで、きちんと手元に目的の医薬品を取り寄せることができ、適切にそれを利用することができるのです。

医薬品の個人輸入代行業者はどこがおすすめ?

海外のお薬やサプリメントなどを個人輸入したいのであれば、医薬品の個人輸入代行業者にお願いしてしまうのが便利です。
おすすめの医薬品の個人輸入代行業者が知りたいという方は、こちらのインターネットサイトを参考にしてみるとよいでしょう⇒薬の輸入、優良業者リスト
私もこちらを見たことによって、良い医薬品の個人輸入代行業者に出会うことができました。